エスネットワークスグループ
  1. トップ
  2. > 税務専門Q&A
  3. > 法人税

法人税

消費税の軽減税率制度の実施に伴うシステム修正費用の取扱いについて

消費税法改正により、平成31年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられることになり、税率引上げと同時に消費税の軽減税率制度が実施されることから、レジシステムや商品の受発注システム、経理システムのプログラムやシステムの修正を行う必要があります。消費税の軽減税率制度の実施に伴うシステム修正費用は修繕費、資本的支出のいずれとすべきでしょうか? 

CM製作費に関して

弊社ではタレントを利用したCMを作成し、一定の期間を流すために、広告会社に1億円支払っておりますが、放映終了後にYoutube等で使用することも可能な場合はどのように処理すべきでしょうか?(契約書には帰属の明記はありません。)

農地の譲渡

農地法の許可を受けていない農地を譲渡した場合の取り扱いについて教えて下さい。

未公開仮想通貨の取り扱いについて

法人Aは2年間分の採掘(マイニング)の権利をX社から240万円で購入しました。 毎月に採掘できる枚数は上限が10枚とされており、採掘がうまくできない際は数枚になることもあります。このような場合における仮想通貨の公開前、公開後の会計・税務処理を教えて下さい。

平成28年度税制改正大綱

平成28年度税制改正大綱について教えてください。

会議費と交際費の区分について

飲食代を仕訳するとき、会議費と交際費の区分があいまいでよくわかりません。会議費と交際費の違いついて教えて下さい。

事前確定届出給与の届出額と異なる金額の支給を行った場合の取扱いについて

当社は、3月末日を決算とする法人です。平成20年度は、社長に臨時給与を支給する方向で、3月15日に200万円支給することを定め、提出期限内に事前確定届出給与の届出書を納税地の所轄税務署長へ提出しています。しかし、不況のため実際は事前確定届出給与として届け出た社長に対する支給額200万円については、減額して50万円を支給しています。この場合、同年度の確定申告では、役員給与損金不算入額50万円を別表四の加算社外流出欄に記入すれば問題ありませんでしょうか。

確定申告書の提出期限の延長の特例と更正の請求について

A法人は、3月決算(1年)ですが、提出期限の延長を受けているため、6月30日に申告をしました。翌年、6月に計算誤りに気が付きましたので、更正の請求をしたいと思います。更正の請求の正しい提出期限はいつになりますでしょうか。

リース資産の減価償却費の計上時期について

当社は6月決算の法人です。平成20年6月にリース資産の引き渡しを受け、6月分リース料を支払いましたが、事業の用に供したのは7月(翌期)です。リース期間定額法で償却費を計上する場合と、リース賃料を償却費とする場合の税務上の処理はどのようになりますか。

修正申告における税額控除限度額について

中小企業者である当社は機械を取得し、取得価額の7%の税額控除を確定申告で行いました。その後、取得価額の誤りに気付き修正申告を行うこととなりました。 取得価額が増加することに伴い、税額控除の額も増加しますが、修正申告において増加部分について控除を受けることができますか。

PAGEの先頭に戻る